対人恐怖症・その他の恐怖症・神経症でお悩みの方へ

対人恐怖症の克服ガイドでは対人恐怖症はもちろんのこと、その他あらゆる恐怖症や鬱(うつ)、社会不安障害(SAD)、赤面症、あがり症、 自律神経失調症、パニック障害、強迫観念、不安神経症、摂食障害、不眠症などなど、言い方は様々ですが、 大別して心の病にかかり悩まれている方に向けて、治すこと克服することを前提に、治療や改善の方法、または必要な知識やノウハウを紹介しているサイトです。

こういった心の病は、他人からはなかなか理解されがたく、1人で悩み続けている方が多い傾向にあり、 その孤独ゆえに、さらに症状を悪化させてしまい苦しんでしまうケースも少なくありません。

対人恐怖症やその他の恐怖症・神経症を治したいと思っている方は、克服・改善することは可能ですので、 ぜひこれから一緒に考えていきましょう!

そもそも対人恐怖症とは?

そもそも対人恐怖症とは、数ある恐怖症の1つであり、特徴として社会的接触を恐れそれを避けようとする症状を指します。 その結果として、社会的生活に支障をきたしたり、生活において必要な人間関係の構築が十分できなくなったりするような症状が発生してしまいます。

対人恐怖症は社会恐怖とば同一視されることも多いですが、これはイコールというわけではなく、 回避性人格障害や身体表現性障害などの他、精神疾患とも概念的に重複しうるディメンション的な疾患であるとも言われています。

対人恐怖症は「対人場面で不当に強い不安や緊張を生じ、その結果人から嫌がられたり、変に思われることを恐れて、対人関係を避けようとする神経症である」ともされ、男性の場合は、周囲から圧迫を感じる漠然とした対人恐怖、あるいは視線恐怖が多く、他者と対立する自己への不安がみられます。それに対して女性の場合は、対人恐怖は視線・醜貌・赤面と関連しており、他人の目にさらされる自己の身体像へのこだわりがあるそうです。

対人恐怖症で悩まれている方の多くは、自分に対しての自己評価が低いのにもかかわらず、 断言的にこうあるべきだという高い理想を無理に示す傾向にあるのえすが、その理想が高い分、現実とのギャップや乖離に悩んでいる方が多い。

広告

アジアの国で不動産投資が人気絶頂です。特に日本人に人気の国とされ、利回りが高いバンコク 不動産を購入して家賃収入を得ましょう。