少しの意識で変えられる!あがり症の克服方法を徹底紹介!

少しの意識で変えられる!あがり症の克服方法を徹底紹介!

人前での発表や会議、日常生活の中には人前で自分の意見を言う機会がたくさんあふれています。
リラックスして発表をしている人を見ると「どうして自分はうまくいかないんだ、、、」と落ち込んでしまいますよね。
しかし、もしかしたらリラックスして発表しているように見えてその人も緊張であがらないコツをつかんでいるのかもしれません。
この記事を読んであがり症を克服しましょう!

■あがり症とは?

少しの意識で変えられる!あがり症の克服方法を徹底紹介!

少しの意識で変えられる!あがり症の克服方法を徹底紹介!

あがり症は人前や面接で緊張してうまく話せなくなってしまう事が主な症状と言われています。
「こんな自分を受け入れてもらえるのだろうか、、、」という気持ちがあがり症を引き起こしています。
面接や大勢の前でのスピーチは。自分を意見を話すものです。
もちろん受け入れてもらえない場合もあります。
「もしも反対されたらどうしよう」といった不安が、あがり症の根本的な原因となります。

■あがり症を克服するためのコツ


ここからはあがり症を克服するためのコツをご紹介していきます。
簡単な方法で比較的多くの人たちが克服しているので是非試してみてください。

・姿勢を正す

姿勢とあがり症の何が関係あるのだろう、、、と思う方も多いと思いますが、とても関係があることです。
自信と姿勢はとてもつながりがあります。
姿勢が悪いとその状態で筋肉が緊張してしまうのであがり症になりやすくなってしまいます。
更に、目線も足元に行ってしまうので気持ちも落ち込みがちです。
発表の前に壁に背中を付けて正しい姿勢に直してみましょう。
自然と無駄な力が抜けて、緊張がほぐれてきます。

・腹式呼吸で深呼吸


普段皆さんは鼻から吸って鼻からはいていますよね?
緊張をほぐすためには腹式呼吸をすることがおすすめされています。
背筋を伸ばして鼻から息を吸い、口から息を吐きます。
実は呼吸は気持ちにとても関係しています。
腹式呼吸を行うことで体の無駄な力が抜けていき自然と体がリラックスしていきます。

・発表や面接前にはカフェインは飲まない

少しの意識で変えられる!あがり症の克服方法を徹底紹介!

コーヒーのようなカフェインが含まれているものは緊張が増すという風に言われています。
ホットミルクなどはセロトニンを促進し緊張をほぐす効果があるため、緊張しそうな日の朝などにホットミルクをゆっくり飲むことがおすすめです。
温かい飲み物でも心が自然とリラックスしていきます。

・話す内容に集中する
これは、人前での発表の時に限りますが発表緊張するとどうしても多くの人の前で話すという事から緊張が生まれてきてしまいます。
こういう時には、とにかく周りを気にしないで話す内容だけに集中することがおすすめです。
目をつむってとにかく発表内容のことだけを考えましょう。だんだん、緊張がほぐれていくはずです。

■実は「緊張」にとらわれすぎているかも

人前で緊張する=あがり症とよく言われますが、人前で緊張しない人はほとんどいないですよね。
紅白に出場するような大物歌手だって、緊張します。
緊張するからあがり症だという風に言う方が多いですが、実は緊張にとらわれすぎているだけかもしれません。
実は上がり症には練習することが一番効果的です。
発表や面接などの練習を何度も行うことで自信が付きあがり症が自然と克服されていきます。

■まとめ

いかがでしたでしょうか?
あがり症の克服は少しの意識でできるものです。
発表や面接などの緊張してしまいそうな場面では
・姿勢を正す
・腹式呼吸で深呼吸をする
・セロトニンが含まれているものを食べる
・目をつむってはぴょうする内容だけに集中する
事をおすすめします。これだけで、たいていの人は楽な気持ちで緊張する場面を乗り越えることができます。
あがり症克服の第一歩はとにかく練習することです。
自分に自信が付くまでとことん練習をして発表や面接に挑みましょう。
あがり症を克服して、少しでも楽に人前に出られるといいものです。